スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豺狼 八章、砂塵

”俺は人間の仲間になれない”
 しばらく歩いていると、左目がさっきの言葉を繰り返すように発した。
 その後で、あひゃひゃひゃと馬鹿にしたような左目の笑い声が響いた。

 明けの空、砂塵はまだ暗い、揚華はあてもなく一人歩いている。
 今日は特に寒さが厳しい。
「豺狼が居た頃はほとんど喋らなかったくせに」
 忌まわしそうに揚華は言う、
”一人で居る時・・・それが一番、付け込みやすいんだ”
 左目は含みのある笑い声で答えた。
 すべての事を・・・揚華が見たことをこれは知っている。
 追い詰める事、陥れる事だけに喜びを見出す・・・それがこの鬼だ。
 左目は続ける。
”いつか死ぬと思っていたが、案外早かったな・・・嫌われ者らしい死に方だぜ”
「ああ」
 揚華は答えた、昔ならムキになっていた言葉も、今ではある程度、流して聞ける。
”お前はいつ、そうなるんだろうな”
「俺はそうはならない」
 揚華は意志の強い目で呟いた。
・・・ふと足を止めた。
 地平線に日が顔を覗かせる。
 漆黒だった世界が、徐々に淡いブルーに染め上げられていった。
「誰とも関わらず生きていけるほど強くない」
 豺狼から教わった何よりの事だ。
「・・・あの時、あいつに認めて貰えなかったら、俺はもう死んでいたから」

 揚華は日の方向に歩き出した。
「だから、見つけなければいけない・・・自分の生きる道を」

 完
スポンサーサイト
プロフィール

風祭ともこ

Author:風祭ともこ

目次
更新
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。