スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二十章 正体 桃源郷

 維邦は息を荒げる。
 目の前には、花嫁が仰向けで倒れていた。
 美しい切れ長の瞳は見開き、空を見つめていた。
 胸から溢れた血が床に血溜まりを作っていた。

 ・・・即死だ。

「は・・・ははは」
 空しい笑いが響く。
 本当に・・・なんて事をしてしまったんだろう、自分は
「・・・財産なんて」
 赤い婚礼衣装、その冠と取ると、床に叩きつけた。
「入らないと思えた・・・特に最近のお前を見ていたら」
 自分に気がないことに気づいていた・・・だからこそ気を引かせたかった。
 何かを一心に考えているようだった。
「お前は本当に綺麗だ・・・それが、他の男に焦がれる姿だったなんて」
 許せなかった。これ以上の裏切りを維邦は知らない。
「維邦殿」
 背後に声がして、はっと振り返る。
 見覚えのある男だった。
 義父である鴛鴦の商売相手の一人だ。
「泰山殿・・・」
 手には剣、床には花嫁の死体・・・状況は誰の目にもハッキリわかる。
 もう、隠す事もできない。
 そう思った次の瞬間、その横のもう一人の男の存在に気づいた。
 平均的な身長に、整った顔立ち。
 銀色の長い髪の身形のよい若者だ。

「よくも・・・」
 深い赤の瞳が恨めしそうにこちらを見てる。
・・・直感で解る。
「お前が・・・」
 維邦は唇を噛む・・・血が滲んだ。
「お前が紅錦香をたぶらかしたのか!!」
 帝鴻に剣を構え、叫ぶ。
「どうした、剣を抜け!!」
「剣を抜け・・・だと」
 帝鴻は眉をひそめる。
「貴様など、我が相手をする価値もない」
 汚いものを見るような目で、帝鴻は指を鳴らした。
 維邦の懐にあった、あの桃の種が飛び出し・・・地面で割れる。
「なっ・・・」
 種の中から、黒い影のようなものがあふれ出し。
 維邦を覆う。
 それは口から耳から、維邦の中に進入する。
「この種は邪気を吸収する力があってな」
 帝鴻は呟いた。
「持ち主の邪気を吸い取って膨らんだ種はひとつの鬼となる」
 あらゆる部位が腫れあがり、もはや人とは呼べないものと化した維邦に
 帝鴻は笑いながら言った。
「お前は鬼の良い寄り代になりそうだ・・・存分に暴れるがいい」
 鬼は客の居る庭に飛び出していった。
「・・・紅錦香・・・」
 震える手で、彼女の目を閉じさせると、帝鴻は紅錦香を強く抱きしめる。
「彼女は・・・幸せだったはずだ」
 言い聞かせたかった。
「・・・だけど、知らないほうが幸せだったのか?人を好きになることを・・・」
「だから干渉するなと言ったでしょう?」
 泰山はいつもの落ち着いた表情で言った。
「私達は、人とは一緒になれません、お互いに関わらない方が幸せなのです・・・特に貴方達は」
 髪を掻き揚げ二人を見つめる。
・・・本人達は、気づいていないのだろうか?
 泰山は不思議でならない。
 目の色、髪の色、顔の作り等、すべて違うはずなのに
 この二人はどことなく、血を分けた双子のように雰囲気が似ているのだ。
 性格は、片方に足りないものを、もう片方がもっている
 惹かれあうのは必然的なことだった。
「貴方達は、対極にある存在・・・言わば鏡のようなものなのですよ」
「え・・・」
 帝鴻には、その意味が解らなかった。

「いつから・・・この種に気づいていたのですか?」
 紅錦香を抱きながら、帝鴻は泰山を見上げた。
「言って頂ければ、差し上げたのに」
 責めるような目
「私は・・・」
 泰山は微笑を浮かべて笑う。
「彼女が食べた桃の種が欲しかったのです・・・彼女は私に近い力のある神なので」
 泰山府君は閻王の侍者であり地獄の一王だ。
 住む世界が異なるので仙界には滅多に訪れる事はない。
「私は彼女と同じ死神ですから」
 にこやかに微笑んだ・・・何を考えているのか、帝鴻ですら推し量る事はできない。
「少し協力して差し上げたかったのです・・・彼女の計画に」
 泰山は懐から、種を取り出した。
 最初に鴛鴦から買った、あの玉だ。
「これも、そろそろ丁度いい頃か・・・
スポンサーサイト
プロフィール

風祭ともこ

Author:風祭ともこ

目次
更新
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。