FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豺狼 一章、鬼眼

あらすじ

鬼に左目を支配され、忌み嫌われて生きている少年と
王に忠誠を尽くしていたにも関わらず、裏切られ、
狼の様に生きている男との出会いから別れの話
(一部に暴力表現あり、苦手な方はお気をつけください)


豺狼

「人間なんて、ろくなもんじゃねえ」
 ・・・そう呟いた。
 彼の心の中で、幾度と無く吐き捨てた言葉だ。
 口の中がザラザラする、息をしたら、共に砂が入ったようだ。
 砂塵の大地、今日は特に風が強い
”そういうなよ”
 彼から、別の声が聞こえた
 まだ、六つか七つの揚華(ようか)とは明らかに違う声、もっと、耳障りで枯れた声だ。
”お前だって、その一人なんだぜ”
 弱り果てた揚華とは、対称的な、陽気な口調
 その声は、揚華の左目から発せられた言葉だった。
「・・・お前に、言われたく・・・ねえよ」
 逆撫でされるような不快感に襲われたが、もはや自分には怒る気力も残っていない。
 遊牧民が不要になり、捨てていったであろう、無数のゴミの中、
 決してそれで暖を取れるわけがない状況で、それでも揚華は、ボロ布を身に繰り寄せている。
 まわりは一面の砂漠だ、砂埃が混じる冷たい強い風が、揚華の体力を奪う。
 先ほどまで、まわりは何も見えない、漆黒の世界だったが、次第に群青に変わっていく。
 揚華は、目を細め、布を頭から深く被った。
 右の子供らしい目とは、不釣合いな、赤いおぞましい左の目、
 揚華の物ではあるが、単独で意思をもつ・・・”鬼”だ。
 極力、硬く閉じるようにして、さらにボサボサの黒髪で必死で隠すよう努めている。
 物心が付く頃、両親に捨てられた事に始まり。
 揚華にとって、それは、すべての元凶だった。
 拾ってくれた人間は居た・・・だけど、揚華が鬼に憑かれている事に気づいた、とたん、
 手の平を返したように、忌み、嫌われ捨てられた。
 馴れる様、努力したが、その心の中で、割り切れないものが彼を襲う。
 完治していない切り傷の上を、ふたたび傷を入れるようだ。
「・・・いっそ事」
 誰とも関わらず生きていければ、揚華はそう思う。
 自分が誰にも頼らず、一人で生きてゆければ・・・だが、そんな事、出来るはずもない事だ。
 空を見上げると、頭上を複数の鴉が鳴きながら、回るように飛んでいた。
 まるで、揚華の死を待っているかのように。
 奴らは自分が死ぬのを待って、食らうつもりなのだろう。
 ・・・俺は、鴉以下だ。
 自分の周りにあるゴミ、これらと自分は、幾分の価値も違わないように思う。
「・・・疲れたな」
 その言葉を口にした後、全身の力が抜け、ふと、意識が遠のいて行くのが解った。
 次に目覚めなければ、自分はカラスの餌になったのだろう・・・むしろ、そうだった方がいいかもしれない。
 この空腹や虚無感から、もう解放されたいと・・・

「・・・・!」
 眠ってから、どれくらいだったろう・・・いや、すぐ、だったかもしれない。
 顔を舐める、感触がした。あと、荒い息。
 ふと見ると、目の前に犬が居た。
(鴉じゃなくて、犬の餌になるのか)
 一瞬、そう思ったが、すぐにそうではない事に気がついた。
 それなりに強そうな犬種、そして若い犬だ。
 しかし、全身、傷があり、皮膚はただれ、打ち付けられた痕がある。
 何よりも、絶望したような、輝きの無い瞳が、実際よりもずっと老いているような雰囲気にさせていた。
「・・・お前」
 その惨めな姿に思わず、言葉を詰まらせた。
 思わず手を伸ばした・・・そんな時だった。

「誰だ、てめえ」
 低い声がして、近づいてくる足跡
 見れば、ゴアゴアな毛皮を身に着けた、大男だ。
「!!」
 目を合せて、思わず身震いをした
 獰猛な目つき、こちらの方がよほど野犬だ
 まったく、手入れしている様子のない、髪や髭
 真っ当な生活をしているものではない事が一目で解った。
「突然、走っていくから何かと思えば」
 男は揚華を見て、つまらなそうに言う。
「餓死、直前のガキなんて、何の役にもなりゃしねえ」
 揚華はただ項垂れた・・・自分にはもう何をする気力も残ってない。
 ・・・そんな時だった。
「居たぞ!!あいつだ」
 追いかけてくる、複数の男達。
 この大男ほどではないが、皆、屈強そうだ。
 盗賊か何かなのだろう、
「よくも・・・!」
 ギリギリと歯を鳴らし、忌まわしそうに大男に食ってかかる。
「大人しく金をよこさねーからだ」
 大男は言った。全く動じた様子は無い。
 それとは対照的に、犬はウーウーと、男達に威嚇をし始めた。
 こんな姿なのに、主人に対して、忠誠しているのか!?
 揚華は、その事に驚いた。
 盗賊の一人が揚華の存在に気づいた。
「おい!ガキが紛れ込んでいるぞ」
「知るか、一緒に片付けちまえ!」
 この野犬男が自分を守るとは思えない・・・だけど、盗賊らが勝っても、自分は助からないだろう。
 逃げる気力も無かった、
 揚華はただ、この戦場を見守る事しか出来ないと感じた。
 大男を盗賊たちが取り囲み、大男に一斉に斬りかかって来た。
・・・砂塵の中、横たわっていて、何が見えるのか?
 いや、普通ならほとんど見る事など、できないだろう。
 しかし、揚華には鮮明に写った・・・見ているのは、そう、忌まわしい左目。
 盗賊の一人が剣を振り上げる。
 右脇の急所を見事につく攻撃だったが、大男は紙一重で交わし、相手の胴の前を剣先が横に走っていった。
 その瞬間、まわりに血しぶきが飛び、盗賊は崩れ落ちる。
 大男は、それに手ごたえを感じた様子も無く、次の剣を繰り出していた。
・・・慣れてるんだ。
 日常をこんな風に過ごしているのだろう。
 大人数なのにも関わらず、大男は全く押されている様子は無い。
 次々、襲い掛かる攻撃を交わして、斬り、交わして、斬り
 盗賊たちを次々に肉塊へ変えていく。
 だが
「うっ!」
 揚華は左目を強く抑えた。
 激痛と共に、常識的にはありえない速さで左目見開いて動いた。
 ピクピクと完全に別の生き物だ。
”来る!!”
 揚華の左目が叫んだ。
 大男がその、少年らしからぬ声に振り返り
 明らかに異形な左目を見て、ハッとした。
”右後方、弓兵だ!”
 一瞬、間を置き、左目は言う。
”今だ!剣をなぎ払え!!”
 大男はその方向に剣を向けると、まさにそのタイミングで弓が飛んできた。
 その通り、勢いよくなぎ払い、弓は地面に叩きつけられた。
「鬼眼か・・・」
 男が初めてニヤリと笑った。
 何か含むものがあるのか、不気味で思わず身震いした。
・・・だが、今はそんなもの、どうだっていい・・・ここを切り抜けたい。
「おい、ガキ」
 大男は揚華に、ぶっきらぼうに言った。
「弓兵は、あと何人居る?」
「・・・四人」
 左目で感じるものは、自分でも解る。
 それが、鬼であっても、自身の左目であるという、何よりの証だと思う。
「そいつらの動き、お前が伝えろ」
 大男はそう言った。
 揚華はそれに従うほかに選択は無かった。
・・・・ほどなく、その場所に居る人間は、揚華と大男のみになっていた。
 先ほど、たかっていたカラス達が、ギャアギャアと鳴きながら、肉塊を貪りあっていた。
 何も無ければ、ここで餌になっていたのは自分だっただろう。
「・・・嫌だ・・・」
 言葉がもれる、乾いた目からは何も出なかったが、言葉は震えていた。
「助けてくれ・・・・死にたくない」
「ほう?」
 大男は意外とばかりに一瞬、目を見開いたが、すぐに元の目つきに戻った。
「・・・いいだろう」
 すぐさま、背を向けて歩き出す
 揚華はそれを追いかけようと立ち上がるが、限界の体は言う事を聞かない。
 だが、大男には、そんなこと、どうでもいいようだ・・・徐々に姿が小さくなっていく。
 揚華は気力で追いかけて行った。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

風祭ともこ

Author:風祭ともこ

目次
更新
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。